Paint Colours

An Unrivalled depth of colour

他の追随を許さない、奥行き深い色

厳選された132色のペイントを提供しているFarrow&Ball。英国ドーセットの工場では、最高品質の顔料と素材を使用し製造してるため、他では類を見ないほど繊細で深い色を作りだすことができます。
色をクリックすると施工事例と色のストーリーがご覧頂けます。
※モニターによって実際の色とは異なる場合がございます。必ずカラーチャートをご依頼頂けますようお願い致します。
>>無料カラーチャートのご依頼

DIMITY
COLLECTION: Current Palette
No.2008
JOA’S WHITE
COLLECTION: Current Palette
No.226
OXFORD STONE
COLLECTION: Current Palette
No.264
LONDON STONE
COLLECTION: Current Palette
No.6
DEAD SALMON
COLLECTION: Current Palette
No.28
SALON DRAB
COLLECTION: Current Palette
No.290
STRONG WHITE
COLLECTION: Current Palette
No.2001
AMMONITE
COLLECTION: Current Palette
No.274
CORNFORTH WHITE
COLLECTION: Current Palette
No.228
PURBECK STONE
COLLECTION: Current Palette
No.275
WORSTED
COLLECTION: Current Palette
No.284
MOLE’S BREATH
COLLECTION: Current Palette
No.276
CROMARTY
COLLECTION: Current Palette
No.285
MIZZLE
COLLECTION: Current Palette
No.266
BLUE GRAY
COLLECTION: Current Palette
No.91
PIGEON
COLLECTION: Current Palette
No.25
FRENCH GRAY
COLLECTION: Current Palette
No.18
TRERON
COLLECTION: Current Palette
No.292
BLACKENED
COLLECTION: Current Palette
No.2011
DIMPSE
COLLECTION: Current Palette
No.277
3

DIMITY

もともと女性のバッスルに使用するディミティーと呼ばれる布地(昨今では寝具類に使われることが多い)にちなんで名づけられた赤を基調としたニュートラルカラー。

JOA'S WHITE

暖かみのある赤を基調としたニュートラルカラーです。暖色系のホワイトです。Farrow&Ballの初代カラーコンサルタント、Joaにちなんで名づけられました。Joaは現在も様々な色の開発に携わっています

OXFORD STONE

赤を基調としたニュートラルの中で最も暗い色合いです。オックスフォード地方(Oxford)のコッツウォルズの村々に見られる住宅の石材にインスピレーションを受けています。温かいインテリアを作り出すのに最適です

LONDON STONE

石(Stone)に似たカラーです。元々はロンドンにあるリージェンツ・パークの有名なナッシュハウス用にJhon Sutcliffeにより作られた色です。くすんだ黄赤色・濃い目のベージュカラーです

DEAD SALMON

絶妙なこの色は1850年にロバートアダムの傑作、ケドレストン・ホールに(Kedleston Hall)で使われたサーモン(Salmon)カラーのフラット/デッド(dead)仕上げに由来しています

SALON DRAB

暖かみのある淡褐色です。応接間の隣にあるこじんまりとした客間(Salon)と色彩専門家がよく使う言葉でくすんだ色(drab)の二つを合わせた色名です

STRONG WHITE

しっかりとした濃い色合いの清潔感のあるクールホワイトです

AMMONITE

英国ドーセット地方の海岸で発見された貴重なアンモナイトの化石に由来し名づけられました。

CORNFORTH WHITE

ミッドトーンのニュートラルカラーです。English Decoration in the 18th century 18世紀の英国の装飾の著者で建築史学者として崇拝されるJohn Cornforthにちなんで名づけられました。暖色系のホワイトグレーです

PURBECK STONE

Farrow&Ballの生まれの地、英国ドーセット地方のウィンボーンからほど近いパーベック島で発見された美しい石の色に大変よく似ている、濃いニュートラルカラーです。

WORSTED

古い時代に都会の人が着ていたスーツを思い起こさせるミッドグレーです。スーツに使われる平織りの布地のための紡績業が盛んだった英国ノーフォーク地方の村、ウーステッド(Worsted)から色名をとっています

MOLE'S BREATH

ポピュラーなElephant‘s Breathにインスピレーションを受けた用途の広い淡褐色です。美しいモグラの毛皮から名づけられています。

CROMARTY

緑がかった落ち着いた灰色です。この色はスコットランドハイランド地方のクロマティ湾(Cromarty Firth)で起こる霧からインスピレーションを得ました。どのような部屋にも柔らかさをもたらします

MIZZLE

柔らかみのある緑がかったグレー色です。夜露(mist)がかかり小雨(drizzle)にぬれる、英国南西部のウエストカントリーの夜空にちなんで名づけられました。ソフトブルーグレーです

BLUE GRAY

Sadow White, Shaded White,Drop Cloth,を含むグループのうち最も明るい、このソフトホワイトはイギリスの校舎の色を連想させます

PIGEON

「鳩」という名のこの色は、18、19世紀を代表とする色。 ロンドン市内で頻繁に見かける鳩にちなんで名づけられました。ノスタルジー感が漂う柔らかな色合いで、Mole's Bleathのような現代のグレーよりも、空間に穏やかさを与えてくれる絶妙なブルーグレーです。

FRENCH GRAY

柔らかい緑がっかたグレーです。19世紀のフランス装飾、特に当時の壁紙にインスピレーションを受けたカラーです。呼び名からも親しまれ19世紀に多く使われました

TRERON

Farrow&ballの伝統的なPigeonの灰色がかった緑色バージョンです。この色は、様々な緑色の種から名づけられました。伝統的な中間色にピッタリです。

BLACKENED

Farrow&ballのホワイトの中で最もクールな色合いの白です。昔、灯油の灰墨を集めてできた「ランタンブラック」という顔料で着色されたのが由来です

DIMPSE

英国西海岸の趣のある方言で「たそがれ」を意味する言葉「DIMPSE」 から名付けられたクールなグレーです。