Meet Our Experts

色の専門家に会う

Farrow&Ball では経験豊かな色の専門家が、長年培った一般住宅、企業、 店舗などの空間コーディネートの経験を活かし、色の機能を考慮しながら空間の色を整え、自分らしく過ごすことができる愛着のある住まいを作るリノベーションのお手伝いをさせていただきます。

F&Bカラースタイリストのご紹介

川上あすか

総合商社勤務後、アメリカやタイでの生活を経てカラーリストに。カラーワークスでは約6年間カラー担当として、ショールームで色のアドバイスをする他、配色や難しい白の選び方などをテーマにセミナーを開催。日本カラーマイスター協会や専門学校でもカラー講師を務める。パーソナルカラーアナリストでもあるため、ライフスタイル全般のカラーもトータルで提案できる。

    提案するカラースキーム

  • No.201 Shaded White
  • No.289 Inchyra Blue
  • Tessella BP3610

都会の喧騒を感じない静かな場所でゆっくりコーヒーを飲みながら過ごしたり、花を飾ったりしながらインテリアを楽しんでいるイメージで考えました。Inchyra Blueは私の大好きな色で、やや暖かみを感じるくすみがかった緑みの青。暗すぎず明るすぎず、そして晴れた日にも曇りの日にも非常に穏やかで上品な色を放ちます。そこに合わせるベースカラーはShaded White。光によってグレーや緑やベージュを感じさせる白で、この多彩な表情はたまりません。Inchyra Blueとも相性抜群です。そしてそこにさりげなく施されるのは、Tessellaのメタリック。決してギラギラしない上品な輝きがほどよいアクセントに。この空間に、くすんだピンク色の花束をあしらい、ジャズの音楽が流れていたら、いかがでしょう?

前田あさひ

ドメスティック・インポートのアパレルブランドにて経験を積んだ後、カラーワークスのショールームマネージャーとして勤務。洋服もペイントも組み合わせることで新たな魅力が生まれ、その人らしさを表現したり、気持ちに影響を与えたりする点が似ていると感じています。現在はFarrow&Ball銀座サロンにて、上質な色のある空間をご提案しています。

    提案するカラースキーム

  • No.236 Teresa's Green
  • No.279 Yellowcake
  • Wisteria BP2221

明るい光が降り注ぐダイニングのイメージで考えたカラースキームです。 ほんのりグレーがかったライトグリーンとライトブルーを使用した藤の花の壁紙に、使用色より彩度の高い色を合わせました。 巾木に高さがあるとグッと海外っぽい印象になりますが、高さのある巾木にグリーンがかった水色のNo.236 Tresa's Greenをペイントして爽やかな風を吹き込みましょう。 壁に飾るアートフレームをパッと目を引くイエローのNo.279 Yellowcakeで塗って華やかさをプラスして。黄緑寄りのイエローなので、他の使用色とも調和します。 イエローはコミュニケーションカラーなので、食事の際に楽しい会話が弾みます。 実際には採光があまりない場合でも、明るくポジティブな印象のダイニングを演出できます。